FC2ブログ

R2.6月のこと

2020.06.28.18:46

部活動の再開を待つだけの6月が終わる。特筆する事は無いが備忘録風に書き残しておこうかと思う。

6月7日(日)

前日は日ボの大学各ブロックの代表者との間でリモートによる会議、議題はインカレについて。アンケートには場所は戸田、時期は10月下旬までに、出来るだけ艇種も参加クルー数も今まで通りでの開催をお願いしたいと送っておいた。
この日はやる事が無いので茨戸艇庫の玄関周りに除草剤を撒きに行った。案の定草が生え放題。ついでに茨戸近くのイオンで献血をする。


6月8日(月)

日ボの森さんが6日に行われたインカレに関するリモート会議の議事録を送って下さった。各大学代表者から色んな意見が出ていて何かと参考になった。一部を商大の部員にも転送して共有してもらった。もちろん詳細が決まるのは今後の事だが、他の大学の考え方を知おくのは有効なことだろう。


6月13日(土)

会社は休み。この日は総会で決まったレース向けの女子用シングルスカル購入基金のお願い文書を作成。ほぼ一日パソコンの前にいた。インカレに間に合わせる為に発注済みだったし、本当なら総会後すぐOBOGへ呼び掛けるべきだったのだが、このコロナ禍の中でお金集めを大々的に行う訳にもいかず、タイミングを図っていた。緊急事態宣言解除になったのを機に重い腰を上げた次第。


6月14日(日)

この日は9:30茨戸集合。札幌ボート協会の臨時総会と月一回の定例会が行われた。
艇庫前でソーシャル・ディスタンスを確保した状態での会議。高校・大学チームの練習が出来ない状況が続いている為、レースのスケジュール等新たに決まったものは無し。中止になった茨戸レガッタや東医体に替わるタイムトライアルを行ってはどうかという案もあるものの、いずれはやりたいですねで止まっている状態ではある。それでも皆さんの元気な顔を見られて少し安心。
その後、北大・門野主務、商大・善積主務と艇庫の点検と簡単な清掃で共同艇庫に入った。3週間前にも来たので特に変わりは無く、本当にいつでも練習再開出来る状態である。最後に協力して艇庫周りの草刈りを行った。前週の除草剤がそれなりに効いていた。一応ビフォーアフターの写真を載せておく。

これが6/7の状態。
ビフォー

これが6/14の草刈り後。
アフター

善積が「何も無かったら今日(北大との)定期戦だったんですよね」と言ったのが妙に感慨深かった。そんな一日。

戻ってから前日に作った新艇購入基金呼び掛け文書を再チェック。不自然な点などあちこち見つかったので手直し。やはり時間を置いて冷静に見直すのは大事である。夜になってから、草案として東京の佐藤後援会長や事務局の西澤さんや中井さん達に送信。内容について推敲を依頼した。翌朝さっそく佐藤会長、中井さん、西澤さんから修正案をメールで頂く。


6月15日(月)

前日主務の善積と会った時に、後援会誌「しゃち」の作成進捗状況を確認するよう頼んであった。
要は新艇購入基金の呼び掛け文書を、タイミングが合えばしゃちと同封して送りたい、その方が別々に送るより郵送コストが一回分減らせるからである。
しかしどうやら作成・郵送費が手元に無いという理由で作製作業が止まっていたらしい。よくよく聞くと部車の車検代や自動車税分のお金もないとの事。後援会会計のNさんと連絡が取れない為にそうなっていたらしい。自分から連絡取ってやるから、とりあえずいつまでに何と何にいくらかかるから合計いくらのお金が欲しい、と言う風にまとめて教えるよう指示。
数日後返事が来たのでそのままNさんにメールで依頼。するとすぐに対処してくれた。要は現役からは何かあればメールで頼めば良かったものを知らないで電話で頼もうとしていた事が“連絡がつかない”の原因だったらしい。昨年の総会でも担当が変わったらまずメールで教えてと言われていたのだ。つまりは引き継ぎの問題である。

ともかく新艇購入基金のお願い文書は「しゃち」の完成を待たずに別途送る事にした。
後援会の名称、住所等が印刷されている封筒は在庫が無いので4年目の小野寺に作成を依頼。最近ほとんど使っていない長3タイプ(A4用紙を三つ折りにしていれる大きさ)である。ただここでふと気付いた。封筒の差出人の欄に艇庫の固定電話番号が載っていたはずだ。でも艇庫に固定電話は既に無いのである。それとHPのURLも古いやつのままじゃないか、と思ったらやっぱりそうだった。この2点は削除、訂正した上で発注してくれる事になった。我ながらよく気付いたものだ。
ただし「しゃち」郵送用の大きい封筒はだいぶ前に発注していて以前のデザインのままだという。作ってしまった物は仕方がない。なので先に届くであろう新艇基金の呼び掛けは新しいデザインの封筒で、しゃちが送られてくる時は以前のままのデザインの封筒という逆転現象になってしまう事をご了承頂きたい(と言って何人の人が気付く事やら)。

主務の善積(善を積むと書いてヨシズミと読む)には封筒に貼る宛名シールの作成をお願いする。最初自分で印刷するからデータで寄越してくれと言ったが、何かと面倒そうなので印刷したものを郵送してもらう事にした。

新艇基金の振込口座だが、昨年の艇庫改修基金の時はそれ用の口座を谷津個人の名義で作った(新艇基金とか後援会とか団体名ではダメで、あくまで個人名でないと口座開設出来ないと言われた為)。しかしやはり個人の口座を使うのは止めた方がいいという意見があったので、昔使った新艇購入基金の口座を使う事になった。
その通帳をさきのNさんが所持している。自分がマメに記帳して進捗状況を報告したいので、今回は通帳を自分が持たせてもらう事にした。6月中には届く事だろう。それが届いて口座情報が分かれば呼び掛け文書は完成である。
ここまでの事務連絡やら何やらで6/15~6/28が費やされた。

6月20日(土)

久々に部員にメッセージを送る。内容は下記の通り。

①インカレの件 … 日ボは6/6のオンライン会議の内容を踏まえて埼玉県、戸田市との協議にはいっているとのこと。当然ですが三密回避、観客対応を含め相当ハードルの高い新型コロナウイルス感染予防策を求められています。主な点は、①無観客、②選手、マネジャー、監督、コーチなど限定的なID発行、③合宿所、公民館などの宿舎における三密対策(第三者との接触を避ける等)、④近隣住民への配慮等々です。6月末までには何らかの指針が発表されるようなので注視していきましょう。

②茨戸の件 … この前の日曜14日に善積と札ボの定例会の為に茨戸に行きました。高校・大学の「部活動」の再開が見通せないので、特にこれと言ったスケジュールが決まった訳ではありません。日ボから「ボート競技のトレーニング再開の為のガイドライン」が出されていて、札ボとしてもこれに準拠した対策が取られる事になると思われます。一度目を通しておいて下さい。

③トレーニングの件 … 商大の体育館は相変わらず利用禁止のようですが、公共の体育館などは徐々に再開しているようです。札幌なら各区の体育館、健康作りセンターなどのトレーニング室は条件付きながら利用可能らしいので、マシンによる筋トレやトレッドミルでのラン、エアロバイク等を使いたい人は検討してみて下さい。マスク着用とかタオル持参、更衣室やシャワーが使えない等の条件は事前にHPで確認してから行きましょう(札幌なら札幌スポーツ協会HP。他にきたえーるも利用可能です)。残念ながら小樽総合体育館はアリーナ以外のトレーニング施設はまだ使えないようです。


…という内容で、一番言いたかったのは③のトレーニングの事。しばらく自重でのトレーニングしか出来ていなかったはずなので、公共の体育館再開は部員にとっては嬉しい(はず)ニュースである。


6月26日(金)

自分もトレーニングしようと思って会社帰りに札幌西健康作りセンターへ行く。ここのマシン群には何年もお世話になっているが、もうかれこれ4か月は行っていなかった。でも準備万端で目の前まで行って会員証と回数券を忘れた事に気付いてこの日は断念。やらかしてしまった。

翌日27日はコロナ禍が無ければ茨戸レガッタがあるはずだった。返す返すも残念ではある。
スポンサーサイト



5/24の茨戸

2020.05.24.16:24

5月24日(日)

久しぶりの茨戸。今日は艇庫の清掃を兼ねた点検の為に北大・門野主務、商大・善積主務と3人で艇庫を訪れた。前に小野寺が一度来てくれていたらしく、ネズミの害なども確認されず、思ったよりいつも通りの艇庫だった。窓や戸を開け放って空気を入れ替え、配管やグリーストラップが乾かないように台所、洗面所、トイレの水を流し、簡単に艇庫内の掃き掃除を行った。いつ活動再開しても大丈夫である。

岸では亀山さんをはじめ、札ボの方々が船台のフロート付け替え作業を行っていた。
同時に茨戸レガッタ中止の件をプログラムの広告主に通知する手紙を渡すとのことで、札ボ・中川会長も来られていた。広告の担当者はそれぞれ手紙に「来年の大会はよろしく」みたいなことを加筆して投函する事になっている。

5.24①

5.24②

北海道も感染者数が減ってはきているが、高校、大学はまだ活動自粛中である。それでもなんだかんだ賑やかな茨戸であった。

4/25の活動

2020.04.26.10:21

昨日25日は会社が休み。ひとっ走りドライブしてきた。

10:00に若手OB上杉君の自宅へ。私物のエルゴをボート部に寄贈してくれるとの事。ちょうど部活動禁止の折、ボートも漕げなくて体育館にも入れない部員がインドアローイングに利用してくれたらと思い立ち、この日引き取りに伺ったという次第。
頂いたのはConceptⅡ社製のDynamic Rowing Machineである。商大に導入されるのは初めて。感謝至極である。記念すべき第一号を車に積んで部員一同からの御礼の品を渡し、そのまま小樽へ。主将荒井が待っている商大の寮へ走る。

4.25①

12時ちょうどに地獄坂を上って寮に到着。荒井と二人で寮の多目的室にとりあえず搬入(ここも今は3密を避ける為使用禁止との事だったが、管理人さんの好意で開けて頂いた)。ここは数年前の上杉や岩澤の代の時に、ウエイトルームが改修中で使えなかった年の冬のエルゴ練習を行った懐かしい部屋。3~4人で60分漕なんかやったら熱気にロスナイが追い付かなくて窓がびっしり結露した記憶がある。部外者でも入れた大らかな時代ではあった。どこでエルゴ漕ぐの?って訊いたら、部屋で漕ぐのも下に迷惑なので外で漕ごうかと思ってるとのこと。だんだん暖かくなるからちょうどいいべ、と言ってやった。就活もオンラインになって何かと大変らしいが、元気そうで何より。

土曜だから当然だが、キャンパスは閑散としていた。地獄坂から見下ろす小樽の街や海はいつも通り。ただただ人がいない。

4.25②

4.25③

帰り道「三川屋」の前を通った。「暫く休業させていただきます」との貼り紙。前から学生に聞かされてはいたが、実際に自分で確認したのは初めて。ただこの休業はコロナの影響ではなく今年初めからいつの間にか始まっていた。理由は書かれていない。このままこの店で新歓する事も無くなるのかもしれない。おばちゃんもいい歳だったから心配である。私の顔を見ていつも言う「おいオヤジ!」、絡みづらいトーク、プロレスごっこが今となっては懐かしい。

4.25④

今分かっている事③

2020.04.26.10:01

小樽商大の部活動禁止が結局5/7以降も延長されることになりました。期限は示されず、大学から指示があるまで自粛です。このお達しが発表されたのが4/23、その前日の22日に商大現役部員に向けて以下のような文書を送っておりましたので一応転載します。5/7からの再開は叶いませんでしたが、今まで通り感染拡大の予防に取り組みつつ出来る事を進めていくしかないでしょう。
(以下本文)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現状と今後の(考え得る範囲での)対策をお伝えします(4/22現在の見解です)。

①大会について
連絡が回っていると思いますが、茨戸レガッタが中止になりました。東医体育・全歯学(8/7-10)も中止、高校生の大会も高体連の指示待ちとのことです。大会が中止になった代わりにタイムトライアルのようなものを企画しては、という意見があります。
北大の自粛期間が6/30となった今、北大戦は7月以降しかあり得ません。今年の主管は北大なので何かの決定がそのうち下されるはずです。

②茨戸に関して
茨戸は亀山さんのおかげでコースロープ一本のみ設営済み、それをセンターとして右側通行で練習は可能な状態です。

③新人勧誘に関して
もし緊急事態宣言が取り消されて部活動が再開出来たとしても、在宅でのオンライン講義が軌道に乗った場合、新入生との接触は難しいままと予想されます。
そんな中、我々と同じように活動全面自粛中の一橋大で既に3人入部しているそうです。やはりHP等でのアピールが効いているのでしょう。トップページを新入生向けにして勧誘の文章を載せるとかしてHP刷新してはどうでしょうか。PVはとてもいい印象を持ちました。

④トレーニングに関して
一応緊急事態宣言の期間を過ぎて5/7から部活が再開出来るものと考えて準備しましょう。もし再開が延長されたとしてもその準備は無駄にはなりません。何も準備しない状態で再開するよりはずっとましです。とっくにやってるとは思いますが、今出来る事と言えばラン、自転車、自重での筋トレ(スクワット、ランジ、腕立伏せ、体幹、去年12月に長内さんから頂いたレジュメのメニューも自室で出来ます)、タバタ式サーキットをやっておいて欲しいです(下に住人がいる場合はうるさくない程度に)。筋トレもサーキットも畳2畳分くらいの広さがあれば出来ます。ダンベル持ってる人は全身の協調動作を意識するうえでハイプルがお勧めです。外に出てやる場合は人や車との接触、膝や足首のケガに注意して下さい。
聞いてると思いますが、上杉さんから頂くことになっていたエルゴダイナミクスを今週末25日に引き取ってそのまま商大の寮に持っていきます。荒井に預けることになるので、使いたい人は相談しながら使って下さい。
一般的なトレーニングとローイング動作が違っている点は“座った状態”で可動域目いっぱい使ってパワーを出し続ける事です。今恐らくキャッチの姿勢に必要な股関節周りの柔軟性がかなり失われていると予想されます。上半身も自重でプレスは出来てもプルは出来ないのでフィニッシュで使う肩甲骨周りも普段より固くなっているかも知れません(懸垂出来れば理想的なんですが)。なのでストレッチも入念にやっておいて下さい。

⑤練習に関して
再開して初めの2週間は水上での感覚を取り戻す軽めのメニューになると思います。いずれは男子が付きフォア、女子がダブルもしくはシングルでの選手選考を行いますが、それは追い追い大会スケジュールとの兼ね合いの中で決めていきます。

聞きたい事があれば直接聞いてくれて構いません。まずは自分自身の身と周りの安全を確保しながら過ごして下さい。元気に再開出来る事を楽しみにしています。

以上

今分かっている事②

2020.04.20.07:37

皆様いかがお過ごしでしょうか?

6/27.28に予定されていた朝日茨戸レガッタの中止が正式に決定しました。

本来であれば昨日19日9時から茨戸の研修センターで2回目の茨レガ実行委員会が行われるはずでしたが、委員間でメールを使った意思確認という形で決定しました。

「緊急事態宣言」も全国が対象地域となり、コロナウイルス収束の目途も立たず国内の各種イベントが中止となっている状況で、感染の拡大防止のためにも中止が最善という判断です。主催の朝日新聞社からも中止の要請があったそうです。

これに替わる形でタイムトライアル等を行う機会を設けようという話は出ていますが、活動再開が見込めない状況なので、当然ながら具体的な話になるのはこれからです。

これに伴い対北大定期戦の予定も変わってきます。北大の活動自粛が6月30日まで延長される事になったそうで、ますます見通しが立たなくなっております。

商大の方も変わらず活動自粛中です。GW明けもどうなるか見通しは立ちません。
講義の方は何やらオンデマンド授業だのオンライン授業だの、要は学生が家にいながら受講出来る形を推し進めていくようです。
あくまで想像ですが、学生が大学に来なくてもいい状態で講義が進んでいくと、ますます部活動・サークル活動再開が遅くなってしまうのではないでしょうか?
とはいえこの状況を無事に乗り切る以外に手立てはありません。いつの日か明るい話題を提供出来る日を楽しみに待ちながら力を蓄えていきたいと思います。
プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR