FC2ブログ

練習日誌H23.1.30

2011.01.30.17:38

1月30日(日)朝 エルゴ
Menu : UT60分 
Point : ドライブとフォワードの時間比改善
キャッチ周りの速さ、フィニッシュ周りでハンズ~リカバリーの重心移動を速く、シートは余裕持ってゆっくり動かす。実際のr.20の漕ぎの中で艇速曲線に見合った動きのポイントを見て理解してもらう。

・荒木 : 14,068m(r.19)Ave.2’07”9
キャッチ周りで止まらずに速く反応出来ているのはいいと思うが、疲れてくると脚からでなく上体での動かしが先行してくる。上体を飛ばすなとは言わないが脚の方がもっと力強さを発揮しなければやはりアンバランスになる。キャッチの技術に脚力と体重を乗せてもっと迫力を出せるようなトレーニングを考えていく。今日のシートスピードのままr.20~21くらい出せるような水中を。

・海鉾 : 14,190m(r.18)Ave.2’06”9
下半身のバネはやはり強いので、キャッチでのぶら下がりの精度をとにかく高める。やや尻逃げ気味なのでレッグローでキャッチ前と後のつながりを徹底して修正する。シートスピードも意識してはいるもののフォワードの最後は加速してしまうのでそれもまた蹴りにハンドルが付いていかない原因かと思われる。ドライブ速くフォワード長くのイメージは頭では分かってると思うので、もう少し上体を柔らかく大きく使って、蹴った分ハンドルを動かせるようになろう。

・下山 : 14,226m(r.18)Ave.2’06”5
見るからに体がだるそうだった。急いで体調を回復させること。本人も行っていたがシートスピードはあれでいいが、あくまで端々を速くさせたうえでの事なので、今日のr.18は全部遅くて18になったと捉えて欲しい。

・中村 : 13,517m(r.19)Ave.2’13”2
とにかく姿勢を自分から崩さないことが大事。崩さなければ何とか上げられる。一旦崩したらどうにも挽回出来ない。50分漕の時にはだいぶ自分の一番いい姿勢で漕げていたと思うので、平日のエルゴでは一度出来たことをしっかり意識して漕ぎ通す必要がある。

・岩澤 : 13,062m(r.20)Ave.2’17”8
脚で漕ぐ手応えが前半感じられなかったと言っていたが、それでも後半までアウトプットを高く維持出来たのは逆にプラスと考えていいだろう。加速が中途半端になってハンズまでワンモーションで出ないとシートは速くなる傾向がある。途中2’15”くらいに上げた時の方が実はシートは落ち着いていた。加速とゆっくりフォワードはワンセットと考える。ちょっと重めの負荷にして強めのレッグローをやっても効果的かも知れない。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR