FC2ブログ

勧誘余話(2)

2012.03.31.02:09

ボート部に入るまで一週間くらい検討したと書いたが、それはボート部ともう一つヨット部とどっちにするか迷っていたからだ。大学でしか出来ない体育会系の部活といえばボートかヨットでしょう、と考えていたのである。ボート部の勧誘を受けている時に時の主将だった村上さんからどこか他に考えているクラブあるの?と聞かれて、ヨット部ですと答えると、ヨットのキャプテン友達だから紹介してあげるよと言われてわざわざ連れていってくれたのだ。せっかく押さえていた一年目を他の部に連れていきたくなんかなかっただろうに、なんとフェアな勧誘か、と感激してしまった(今でも自分が勧誘する時は必ず他の部の事も聞くよう勧めるのはこの時の経験による)。

その後ヨットの試乗会に参加させてもらった。小樽水族館近くの艇庫でウエットスーツを着せてもらい、モーターに乗せてもらって沖まで行く。そこで待ち構えている2人乗りのヨットに新入生が一人ずつ交代で乗せてもらうというものだった。自分の隣にいた同期の新入生が最初に乗った。最初はびびりつつもそのうち命綱に身を任せて両手を離したりしてすっかり楽しんでいるのが遠目にも分かった。戻ってきたそいつに感想を聞いたら興奮した様子で「おもしれー、もうヨット部絶対入る」とか言っているのである。そんなに一瞬で引き込まれるもんなのかと思った。

で次は自分の番。さあ乗ろうと思っていたらちょうどその時海が時化てきて危険と判断、自分が乗る前に試乗会は中止となった。

結局その後自分がヨットに乗る機会は無く、検討した結果ボート部を選んだ。もしあの時海が時化てなかったら、もし普通にヨットに試乗出来ていたとしたら、などと考えるときっかけというか縁というのは不思議なものだなと思わずにいられない。逆に勝納でやったボートの試乗会は好天に恵まれて最高に気持ちよかったのだから。今考えたらボートの神様が呼んでくれたのかも知れない。もちろんそれで良かったと思っている。あの試乗会から24年目の春。

ついさっき主務の南谷から連絡があって既に試乗会に行きたいと言っている新入生が3人もいるとのことで、部員の家回りが効を奏しているようである。勝納、晴れてくれー!と祈るばかりである。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR