FC2ブログ

25点の中身

2013.08.29.06:32

簡単に女子ダブルのことを振り返ると、本当によくやったという言葉しか浮かばない。目標を設定してそれに向けて段取りを考えて実行して試行錯誤しながら実力を伸ばしていく、いわゆるPLAN-DO-SEEの基本的なサイクルを徹底して目標を達成した。なんというかパズルの最後のピースがはまった、そんな感覚に似ている。

7月17日の夜に具体的な戦略ミーティングをしたが、その時に設定したタイムが7分50"を切ること。展開としては
1’53”-1’57”-2’00”-1’59”を目標にして、準決勝での実際のタイムが
1’51”-1’58”-2’00”-1’59”で7分50秒。

敗復1位で目標達成すれば普通は気が抜けてしまいそうなところだが、準決勝で実力を出し切った精神力も自分にとっては嬉しかった。

整調の森は2年目ながら大役を果たしてくれた。きっとプレッシャーも大きかったと思うが、日に日に実力と自信をつけていく様は自分の想像以上だった。自分の同期の分も漕ぐという宣言を実行してくれた。

バウの岩澤は最後の大会に挑む集中力に自分からつける注文は何も無かった。女子漕手みんなが実茄さんと漕ぎたいと言っていた理由が分かった気がした。自分も教わることの多いダブルであった。感謝したい。

暑い中ずっとエッセンを作ってくれた加藤と後藤、バックとして奔走してくれた三浦、蔭佐、小島、瀬尾、応援に来てくれた1年目、みんな素晴らしい働きぶりだったと思います。2013年は本当にターニングポイントになるのではないでしょうか。そうだとすれば嬉しいです。

全体写真
25日の全体写真。なぜか連絡が付かなくて岩澤が不在。

上杉
新主将の上杉。頼むぞ。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR