FC2ブログ

8/28の練習

2016.08.31.07:10

8月28日(日)

朝5時に艇庫到着。しかしどうやら変則スタンバイで朝練9:30、夕練15:30だったらしい。北大だけが粛々と艇を出していくのを見届けながら穏やかな朝焼けの茨戸を堪能。OGの瀬尾がシングルの練習の為のアップを始めた。一人で早起きするなんてすごい。と思ってたら2年目の浅野もアップ開始。午後バイトがある関係で一人だけ早朝練習するとのこと。そして誰も見てないのにエルゴ60分UTを敢行、これもまた素晴らしい。朝早くから無駄足になるどころか大変いいものを見せてもらった。

8:30に部員は予定通り集合して軽くミーティング。めっきり日が短くなってきたのでてきぱきと練習すること、日中の暑さと朝晩の冷え込みで風邪をひきやすいので体調管理を怠らないこと、夏休みを利用した合宿や市民レガッタ等で普段顔を見ない人に会う機会が増えるから、ホームコースの団体として最低限挨拶すること、困った事があったら相談に乗ってあげるよう伝える。

艇庫掃除の後、9:30から朝練。暑い。そしてこれ以上無いコンディション。上級生の対校フォアはまだクルーが組めないのでシングルでの練習。鈴木はもう一度正確なオーバーラップを心掛けることと、エルゴで確認したボディワークの“我慢”の部分と“一気に飛ばす”の部分とのスイッチ切り替えを大胆に試してみて欲しい。
江口はレッグローの延長で上体・腕を付けていく感覚を忘れないこと。ブレードをテコの支点にするならキャッチした瞬間はハンドルは止まっているものと見做して、ストレッチャーを押し返す。その際に体幹を通してハンドルとストレッチャーが繋がっていれば艇は動く。
中山はr.20の時でもr.24の加速感を出すこと。まだ水面を擦るクセも抜けていないから、とにかくどんな練習の時でも艇を滑らせる事に集中してみる。
浅野はフィニッシュで一番加速するポイントでスムーズにリリースする。一枚で押しつつ脚の押し切り、上体のスイングと腕引きをいかにリンクさせるかがを低レートでしっかりマスターしてレースレートに反映させたい。

午後は15:30に練習開始。上級生の他に一年目3人が今週末の茨戸新人大会に向けてシングルを練習。それぞれだいぶ慣れてきたようである。練習前にレーンをまっすぐ漕ぐ事や声出しの件でいくつか指示を出す。中村は思い切りの良さがあっていいと思う。キャッチもフィニッシュも一枚で正確に。末吉は最後の2周でフィニッシュで押す感覚が付いてきた。フライアップで脚のレンジをロスしないように。後藤はキャッチでかかった時のレンジの長さがとてもいい。しっかり一枚入れてからオールに体を預けるような感じで思い切って一本の進みを伸ばしていこう。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR