FC2ブログ

7/20,21の練習

2019.07.23.07:25

7月20日(土)

この日は補講があった為、練習は午後のみ。
対校フォアは14:30から北大医学部玄武との並べ。向こうは東医体へ向けて最終調整とも言える段階で、完成度は高い。結果はほぼ無風で医学部が3分29秒、商大が3分40秒でしっかり水を開けられてしまった。こっちはセレクション中とは言え一応エルゴの平均タイムはここ数年では高い7分04秒。ただ粗さが残って歯が立たなかった。コンディションはコース内どこも変化無い状態で、前半の500mも後半の500mもどっちも1分50秒。後半腹切りで大きく崩したことを考えると、中盤多少は粘ったのかも知れない。が、キャッチの精度、フィニッシュの押し切りの強さ、ユニフォーミティなど課題は明らかである。貴重なレースの機会を設けてくれた医学部には感謝である。

1年目と上級生のシングル組はやや遅れて練習開始。
コンディションは良かったので、1年目は先週の日曜と同じパターンで、ダブルに乗艇。初心者らしいというか、腕や手に頼らない事、テコの原理で動くと言う事を実践するのに苦戦している様子。でも上手くはなっているし、縮こまらず大きく強く漕いで欲しい。
善積と久光は並べ。二人ともキャッチ方向のレンジを長く取る事が課題かなと思って見ている。体格的には善積の方が大きいからか、善積が前からのレンジを伸ばせた時は善積がじりじりとリードしていくのが分かる。久光は焦らずに肩周りを柔らかく使ってフォワードの最後にガンネルをはみ出るくらいのエントリーモーションをキープしたい。
田畑は調子良く艇を進めている感じがするが、まだスクエアターンで水面からブレードが離れる軌道になっている。伸び切ったところでしっかり水を掴んでキャッチから長く支えて、一本の進みをより長く出来ると思う。高いところでフェザーして、ハーフスライドまで上からハンドルを押さえて運ぶようにすればエントリーで落とす感じは出しやすいと思われる。


7月21日(日)

朝練は悪くないコンディション。自分と高瀬が一年目のダブルに乗る。前日まで上級生がバウだったが、前に乗って手本を見せてもいいのかなと思ったので一年目がバウ。自分は岩谷、井上の男子2名と漕いだ。バウに乗ってもらうからにはステアリングの要領を覚えてもらう必要がある。レーンの真ん中に位置する為のサイド強調、艇返しの注意点や船台に付けるところまで教えた。二人とも技術はそれほど悪くない。ただフィニッシュがまだ優しいというか、速く漕ぐ事より無難に漕ぐ事に集中している感がある。整調に乗った自分がどこまでお手本になれたか分からないが、加速感だけはしっかりこだわったつもりである。

朝練後の市民ボート教室の辺りから徐々に風が強まった。11:30にはかなりの強風になってしまった。対校フォアは果敢に水上へ出したが、上級生の小艇組も含めて1年目は陸トレ。1年目にウエイトトレーニング(スクワット、デッドリフト、ベントオーバーローイング)のやり方をレクチャーした。正しい姿勢とどこに刺激を与えるかというポイントをずらさないで教えられたかと思うが、大抵やっているうちに曖昧になったりする。継続してフォーム指導はしてあげて、効果を高める必要がある。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR