FC2ブログ

8/28,29の練習

2019.08.30.23:09

8月28日(水)

朝5時に来てみると折からの大雨の影響でコースは増水。アップを見届けてからモーターを浮かべると、案の定1番海峡に近い1レーンのバウサイド側のブイが浮遊物に押されてストサイ側に絡み、レーンが閉じられる状態になっていた。ちょうどアルファベットのKの字の直線部が1レーンストサイ側、折れ曲がった線がバウサイド側と言えばいいだろうか。
なんにせよレーンを復旧させないと練習に差し支える。これは流れてきた大量の水草や藻をブイから解く事が先決。あらかじめモーターに積んでおいた熊手が役に立って、藻をちぎりまくってしばらくすると元通りのレーンに戻った。重労働ではあるが、曲がっていたブイの並びがフワッと真っすぐに戻っていくのを見るのは結構気持ちのいいものである。

そんな中、インカレフォアと、新人戦向けに組んだばかりの男子ダブル(S.久光、B.根間)がペケレットでT.T.を並べるというので、コース内の作業を終えて急いで向かった。
風は軽い順。すべて伴走出来たわけではないが、フォアはコンスタント以降直後からややゆったりしたリズムで進んでいった。後半少し膨らんでしまったが、そんなにわるいタイムではなかった。トライアル後にやった短力もしっかり奥の水を掴む感じが出て良かったが、スパートで硬さが出てキャッチ前に止まるリズムになったのは惜しかった。
ダブルはまだ急造ということもあって、息が合っていないし、シングルを漕いでいた時の感覚を持ち寄っている感じでもない。これからおいおい形になってくるとは思うが、しっかりキャッチからフィニッシュまで同じ力をかけ続けよう。


8月29日(木)

前日に続き朝5時に来てみたら、前日より更に漂流物が増えており、今度は1レーンだけでなく2レーンも閉じられていた。4レーンは緩衝レーンで普段は使えないので、このままでは3レーンしか通れないことになる。これは前日の比ではないと覚悟を決めて、漕手のアップを見るのもそこそこにモーターを出した。前日同様ブイに絡んだ藻を引きちぎりまくって、2レーンはほどなく復旧したものの、1レーンがなかなか通常の広さまで戻らなくて非常に難儀した。結局全部のレーンが元通りになるまで7時少し過ぎまでかかってしまった。既に自分の出勤リミットなので大急ぎでモーターを係留して着替えた。しかし藻や水草を引き上げるまでは手が回らず、浮かんだままにしてしまったので、あの後練習したクルーは大変な思いをしたのではなかろうか。

実はこの日はインカレ前最後の茨戸練習、シングルの田畑に至ってはペケレットで2,000mを漕いだのだが、はっきり言って練習を見るどころではなかった。部員達には事故にだけは気を付けて頑張ってきてというのが精一杯で、そそくさと艇庫を後にした。疲れと慌ただしさだけのラスト茨戸であった。
部員は31日に戸田入り、いよいよ9/5(木)が予選。
スポンサーサイト



プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR