FC2ブログ

7/3の練習

2016.07.03.13:16

7月3日(日)

昨日は出勤だったのでこの週末は日曜のみ。前日は午前がフォア、午後はラフコンだった為に筋トレ+エルゴ30分を漕いだとのこと。

エイトでも整調を務めてくれた吉田(2)が謎の胸痛を訴えた為に昨夜帰ったらしい。なのでこの3日の朝練はフォアの残り3名のシングル練習。一週間前にエイトでレースをしていたとは思えない、などと言っても始まらないからシングルも一生懸命見た。

江口は途中で上げてしまったがハイトのせいなのか何となく重心もキャッチ前のブレードも高くて脚でドライブする感じが出せていなかった。上体の開きは我慢しているようでもそれはキャッチで重さがかかって開かないのとは違うように見えた。

中山は基本的にまずフィニッシュの引き方を変えるべし。完全に手の甲を上に曲げてフェザーターンするから艇が滑らないし、ハンズもスムーズに出ない。その後はリカバリーを大きく、水面を擦らないようにフォワードして最後にブレードを落とす。ドライブはとにかく脚と背中で大きく力と体重をかける。引っ張ろうという意識が水中1枚の固定感を無くして水中のスリップにつながっている。長く強く支えていけばフィニッシュの腕引きももっと適正なポジションで加速的に漕げるはず。コース端での折り返しや方向修正で止まった後に不用意に漕ぎ出すと元の漕ぎにすぐ戻ってしまうので、必ずポイントを決めて漕ぎ始めて、そのまま漕ぎ通すように。そうする事で漕ぐ量とトレーニング効果が噛み合ってくると思われる。

鈴木は基本的にボディセットを完全に。完全に、とは上背部でキャッチを取りにいくのでなく骨盤から上をシート上に立てて、背中側から両手の小指までしっかりストレッチさせるように伸ばして、もうこれ以上突っ込めませんという状態を作ること。遅くてもハーフスライドまでに上半身をその状態にしておけば、フォワード後半休めるしリラックス出来る分キャッチも狙いやすくなるし波や風にも対応しやすくなる。その上でフォワードの最後に小さい縦モーションで素早くエントリーする。ここでまだ一伸びしたりフライアップしたりで、フォワードトップで水と艇と自分を繫げる瞬間がなかなか掴めなかったのは惜しい。しかしベスコンだったのでこういうポイントで練習するのにはとても良かったと思う。

朝食を急いで頂いてすぐ帰宅。愛犬を病院に連れていくと言うお役目を果たす為であった。たまには家の事もちゃんとこなしている。
動物病院が終わったら茨戸の昼練に戻るつもりだったが、強風の為に乗艇練習が出来ないとの連絡があった。ランを見にわざわざ戻るのもなんなので今日はこのまま練習日誌は終わり。

さて今日の夜は楽しみな事がある。商大HPの現役部員の練習日誌が更新されるらしい。今更という感じではあるが北大戦のエイトに乗った部員達の感想がやっと読める。皆さん、是非コメントお願いします。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR