FC2ブログ

7/17の練習と登山

2016.07.18.19:45

7月16日(日) 朝練

1年目は先週沈練を行ったので、いよいよ小艇に移行しつつある。この日は上級生と組みでダブルスカルに乗艇。上級生はシングルで練習。

鈴木はボディセットの基本的な型を前回の練習の後に確認していた。前日夕練ではセットまでは意識したがまだエントリーのスムーズさにつながってこなかったとのこと。しかしモーターの上からは違う面からコメントした。エントリーに向かうブレードの運びを見ると、抜き上げの高さが不安定でフォワードトップでタイミングよく落とす為の運びになっていない。なのでフィニッシュ周りの改善が先決ではないかと考えた。引き落とすのでなく一枚で前腕と手の甲をフラットにキープすること、しっかりドロップダウンを付けて丸い軌跡の中でフェザーすること。今の漕ぎでも脚と背中の協調でそこそこの艇速は出るとは思うが、何十センチかのレンジ改善、バランスの改善、次のキャッチ精度の改善とつながればレースのタイムで大きな違いとなる。

中山はまずレーンの中を真っすぐ進む事が何より先決。それをないがしろにして技術がどうのこうの言ってもコース侵害で失格になったら元も子も無いではないか。はみ出す前に向きがちょっとでも変わったら微調整する。もちろん曲がらないように漕ぐテクニックを身に付ける事が第一だが。ミドル辺りで曲がるというのだからそこに左右でどんな違いがあってどう対処すべきか考えて漕ぐべし。漕ぎ方そのものとしてはリカバリーを大きく取って奥から脚の力と体重を長く乗せ続けることが大事。よく見るとブレードが水面を削るような感じで斜めにエントリーする時もある。上から落とすように垂直に水を掴むべし。

トレーニングはなかなな一日やそこらで効果が見えにくいもので、それでも今日の練習で劇的に変えてやろうと思って日々コツコツ頑張ってやっていると、いつの間にか大きな変化として表れたりするものである。まだ先は長いが、ただ量をこなすだけでなくワンストロークで少しでも遠くに滑らせようと言う意識と工夫を絶やさないでやっていこう。

朝練終了後は皆で藻岩山登山に出掛けた。
もう10年以上前にどこの部もやらなくなった1年目の「遠漕」に替わる体力作りを兼ねたイベント。4年前に初めてやって、それ以後途絶えていたのを今回部員が復活してくれた。
あいにくの曇り空だったが、なかなかいい達成感を味わった。

慈恵会病院登山口にて。まだ元気な部員達。
7.17①

道中の写真はみなピンボケしてしまった。
7.17②

7.17③

1時間かからずに登頂。
7.17④

愛の鐘。
7.17⑤
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR