FC2ブログ

8/15の練習

2016.08.16.07:12

8月15日(月)

お盆の真っ只中なれどこの日は9:30と15:30の2回練習。

朝練の始まる時に帰省中の徳永先輩(昭和61年卒)が遊びに来て下さった。一緒にモーターに乗って頂いて有り難いアドバイスも頂戴した。ありがとうございました。オッ盾頑張って下さい。

さてフォアの朝練はバウの腰がなんとか復活したとの事だったので、様子見も兼ねて低レートr.20でのステディレート漕で技術と艇の滑りを確認、その時点で大丈夫そうなら高レートの短力を入れてみようという流れにした。前日タンクを使ってエントリータイミング、フィニッシュの漕ぎ方、インハンドとアウトハンドの使い分けなどの練習を行ったので、それを水上練習でも活かして欲しいところだが、朝練はバランスが安定しないこともあってなかなか各自が自分の一番いいポジションで漕げていない感はあった。

午後練ではまずポーズローで、フィニッシュ周りからハンズアウェイ~リカバリー~シートの出までの動きを合わせた。ここで安定しない事には艇は滑らないし次のドライブの準備も出来ない。水上ではクイックキャッチなどのドリルも多く入れた。それもあってメニューは最終的に11㎞(500m×2本込み)しか漕げなかったものの、バウの腰も何とか持ちこたえたので密度は高い練習が出来た。フィニッシュでの崩しが減って自分達の型に持ち込む事が出来たのは良かった。ハイレートでも悪いパターンと良いパターンどちらも確認出来たのはある意味良かった。練習最後に出たハイレート漕では最初の3本でレンジ+パワーからスムーズにマックスレートに上がる感じがあって、収穫と言えよう。当たり前のようで大事な事だが、いい時は必ず出だしからいい。ノーワークの1本目、インターバル間の流しも、それがそのまま次のメニューにつながるものと考えて、自分から型を崩さないようにしよう。

シングルの浅野は器用に漕いでいるように見えて、キャッチからの動きが見合ったものになってない。こんな事を指摘するのは珍しいが、敢えて腕を伸ばし過ぎず、もっと脚の力がダイレクトにかかるコンパクトな姿勢で漕ぐ事を勧める。午後練ではヒールデプスを変えたり姿勢を変えたりして、少しキャッチからの艇速の立ち上がりが良くなった。肩や前腕が張る感じも減ってきているようなので、この感覚を身に付けたいものである。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR