FC2ブログ

9/15の練習

2016.09.16.07:04

9月15日(木) 朝練

いよいよインカレ前、最後の茨戸練習の日。インカレが9月になった為に例年より一ヶ月長かった2016年の自分の任期も終わる。
対校フォア、札幌最後のスタンバイは2,000mトライアル。クルー練習を再開して1週間、整調は膝の不安が消えないまま、準備が出来ているとはとても言えないが、やはり一度はやっておきたいという希望があった。自分はモーターに乗ってコース内で1年目シングル練習に付き添う為、トライアル自体は見れなかったが、タイムそのものはだいたい想像していた範囲内ではある。しかしやっておいて良かったと思う。レースプランの確認も出来たし、それを実行する上での課題も見えたことだろう。戸田集合は19日(月)、本番まで4回練習出来るが、特に調整うんぬん考えないで追い込んでいいと思う。伸びる余地はまだいっぱいある。
自分がやってあげられるのはここまで。気をつけて行ってくるように。

そして1年目3人はシングルで500m×6本。彼らの今後の目標は10月22日・23日の東日本新人戦である。インカレ終了後、怪我から復帰する同学年の武田、2年目の鈴木と中山が加わってセレクションを行い、付きフォアとダブルスカルでの出漕となる。この500m×6はその前の総決算とも言える。

しかし水上に出てみると、水面に藻が大量に浮かんでいたので、行き交うボートの間隙を縫って同乗の佐々木と藻取りに励んだ。なので正直あんまり見れなかった。インカレ前最後のスタンバイがこれかー、などと思いつつ、漕手のオールに引っ掛かりそうなものからやっつけていた。

中村は1年目らしい勢いの良さがある。500m計測と言われてあれくらいのハイレートで突っ込むアグレッシブさはとても大事だと思う。普段のノーワーク、ライトパドルから基本通りに漕ぐ事が大事。パドルになると基本テクニックの粗がいきなり顔を出す。この日もキャッチで切れ込んであわや沈かと思わせる場面があったが、そうならない確率の方が高いというだけで、いつあのようになっても不思議でない“芽”は実は普段のノーワークに潜んでいる。前にエルゴでやったようにボディセットをしてから艇速に合わせてゆっくりスライド、エントリーは落とすだけで、余計な衝撃を艇に与えないこと。

後藤はその対極で、もっとスピードを求めていい。まともにキャッチがかかった時の有効レンジの長さは久しく茨戸で見た事のないクラスではあり、漕手として大いに武器になるはず。身長が高くて手足が長い人はスピードが出しづらいという理屈もあるだろうが、自分の見た感じでは筋力と、恐れと言うか気持ちの問題のような気がする。前に見た時よりフィニッシュのスクエアな押しと切れの良さは見て取れた。並べの効果と言っていいと思う。簡単に抜かれまいという粘り強さというか執念をもっと前面に出そう。

末吉は今の段階ではもっとも漕力と漕技のバランスが整っている。マックスのスピードに数本で上げて、更にそのスピードに乗っていく様は、気持ち良さそうにさえ見える(苦しいだろうけど)。欲を言えばボディセットを大きくして体重の乗ったドライブが出来ればいいと思う。今はまだ脚と腕の筋力で漕いでいる感がある。もっと体重を利用できればドライブ中の重心も低くなるし、フィニッシュの際腕で急に引き下げる事無く更に水平に加速出来るだろう。体重を伝える為には体幹の強さが不可欠。末吉に限った事ではないが、大きく激しい漕ぎになってもぶれない軸を作っておく必要がある。

インカレの期間応援に行く者もいると思うが、はっきり言って1年目は今この時期に体を休める理由は特に無い。セレクションが始まる2週間後まで何もしなかったら恐らくここ数日のトレーニング効果は消えてしまうと思っていい(特に持久力系がやばい。以前と同じように漕いでるのにすぐバテる)。せめて自主的なトレーニングは継続しておこう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR