FC2ブログ

12/17の練習

2017.12.19.07:24

12月17日(日) 

11月26日(日)は納会翌日の為、12月3日(日)は高体連の研修会の為、先週10日(日)はマネージャー感謝デーの為、小樽に行って練習を見るのは11/23以来。妙に久しぶりに部員の顔を見た気がする。その間いろいろあったらしい。この時期は悩ましい話が多くなる。こういう時こそ目の前で頑張っている部員にしっかり目を向ける事が大事である。
この日はエルゴ、メニューはUT60分漕。鈴木主将は就活の為に不在。末吉は国体練習で痛めていた指の腱鞘炎が完治しておらず、短いセットを漕ぐとの事。UTをこなすのは中山、関崎、荒井、田畑の4名。
田畑は40分漕でずっと安定感があった。膝の不安はあるだろうが、キャッチモーションを止める意識でキャッチから重さを逃がさないようにするとアウトプットも上がったのは良かった。
関崎はキャッチから脚で動かすこと。ハンドルの握り方を見てもまだ上体のあおり・腕の引っ張りが優勢。もっと体重の乗ったドライブが出来ると思う。アウトプットの乱高下は課題だが、まずは60分を経験出来た事で良しとしよう。
荒井はUTメニューのこなし方としては申し分ない。自分の意識の限界の少し上辺りで漕ぎ通した感がある。メニュー後半シートが飛ぶより先に上半身のあおりが来る感じになっていたので、肩から肘にかけてリラックス感を出してその分腹筋周りを固めて、脚のドライブ力を効率よく発揮すべし。
中山は可動域が小さくて、大袈裟に言えば体の半分しか使わないで漕いでいる感じ。キャッチ時もトップで力が抜けてつま先で蹴っている。膝でなく股関節で押す、肘でなく背中から引っ張るよう、アップの動的ストレッチからウエイトトレーニングも含めて体の動きを改善していく事が不可欠だろう。体の柔らかい人の動きを参考にするのもいいと思う。
末吉は今シーズンの勢いをそのまま保っている事だけは分かった。ただキャッチの時にハンドルをグッと握る動作が入るのは指に良くないと思う。小指もハンドルエンドからやや外してはいないか。鉄棒にぶら下がる感覚で指でフックする感覚にして見てはどうか。

全般的にドライブ開始直後の体幹の固定感がまだ弱く、サスペンションをキープする間がほとんど無いのが惜しい(特に1年目男子)。スムーズなリカバリーにつながる大腰筋の活性化にも言及。ただ自分が何故かハードな寝違えを起こしていた為、カッコよく実演出来なかったのは情けなかった。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR