FC2ブログ

10/8 札幌市民レガッタ

2018.10.12.18:06

さる10月8日(祝)、絶好の秋晴れの中、札幌市民レガッタが行われた。商大からはシングルで田畑(2)、荒井(2)、久光(1)が出漕。フレッシュマン女子シングルの部で田畑が見事優勝。これで北大戦、北海道選手権、と合わせて今年茨戸ではシングルで負けなしの三冠となった。ダブルで出漕した国体本選から帰ってきて久しぶりのシングルで、タイムは全道の時と比べて伸びていないし、連戦の影響か決勝は最後にスパートが伸びずにだいぶ詰められたのは反省点であろう。ただ実力は疑うべくもなく、審判の東さん、北大の江川監督他、道ボ関係者方々から期待の声を頂いた。次の全日本新人戦に向けていい糧にして欲しい。

表彰式の写真。真ん中が田畑。
市民レガッタ①

市民レガッタ②

男子は荒井が5位。一昨年、昨年と、このカテゴリー3連覇はならなかったが、B決勝では接戦を制して3分台を出したのは健闘と言えるだろう。ドライブの加速感のイメージを変えるつもりで今後のトレーニングに励んでもらいたい。
久光は1,000mを2本しっかり完漕出来ただけでも大したものだが、それ以上に自分の一番いい漕ぎを出せたような気がする。体重、筋力、持久力もこれからだが、地道にトレーニングを重ねる姿は頼もしいものがある。 

自分はというと、今大会では審判補助を頼まれて、フィニッシュ判定(規定が変わってからはゴールと言わずにフィニッシュと言う)の任にあたった。トランシーバーとストップウォッチ片手に審判員の野崎さん(商大OB) の傍らで、北大の江川監督、道新RCの森谷さんと1,000mタイムの計測。競技日程が変更された影響で人員不足となった為で、600mをフィニッシュとするフレンドリー種目では自分達のレースの合間を縫ってオムニACのメンバーがタイム取りをこなしたほどであった。タイムと着順が全てのボートレースではこれがなかなか神経を使う仕事で、程よい緊張感の中いい経験をさせて頂いた。こういう裏方仕事を経験すると奥深い面白みが見えてくる。

さて 次なる目標は全日本新人戦。去年からグッと遅くなって11月9日~11日の開催になる。商大からは男子舵手付きフォア、男子ダブルスカル、女子シングルスカルが出漕予定。
日も短くなり、朝晩めっきり寒くなる。集中して効率よい練習を重ねようと皆で確認し合った。乞うご期待。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR