FC2ブログ

10/16の練習

2018.10.20.00:05

10月16日(火)

ほぼ真っ暗な中、5:00に集合。風はほとんど無い。1講目があるのでテキパキとアップと準備をこなす。
フォアは30秒ON/10秒OFFを12本。レートはr.24~28。流しはずっとフィニッシュポーズを入れるという。低レートで出来ている技術レベルをレートを上げる中でも損なわないようにすること、r.28で一番艇速が速くなっていることが重要。実際バランスはだいぶ良くなっている。3年目ダブルが並べてくれたのも奏功したと思う。レートが上がれば良くも悪くも粗が見えなくなる事もあるので、そこでごまかすのではなく、低レートで培ったものをそのままにレートを上げる。そうする事でレートと艇速の比例関係がより高いレートまで続くようになる。実際最後の30秒セットは水中フェザー気味で粗かったが、その後の流しでフィニッシュポーズを入れて修正出来ていたのは習慣としていいと思う。

久光・松繁の1年目ダブルも力強くUTをこなしていた。二人ともハンドルがキャッチ前に下がる癖があるので、久光は胸を上げるような姿勢でハンドルをガンネル外にはみ出るくらいの感覚で横に広げる。そうする事でレンジも長く取れる。松繁はボディセットをもっと丁寧に完成させて、不用意にフォワードしないこと。シングル期間の長かった久光が、整調としてダブルスカルのスピード感に対応していく事もクルーとしての完成度を左右すると思う。

シングルの田畑はキャッチ前のフライアップを何とかしたい。結局フィニッシュの抜き上げからフォワードの前半にかけて高さがキープ出来ていれば自然と改善されると思うので、まずは高いポジションで強く押し切ってワンモーションでタップダウンにまでつなげるべし。そしてこれは翌17日の朝練で言った事だが、ドライブでのぶら下がりが弱い気がする。パワーと体重がもっと伝えられるのではないか。ブレードが流れてしまって艇が等速で滑っているように見えるので、腕引きを我慢してキャッチでグッとオールがしなる感覚を持って欲しい。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR