FC2ブログ

10/21の練習とマシンローイング大会

2018.10.23.12:48

10月21日(日)

朝は4:45に集合。この日は9:00からマシンローイング大会が茨戸で行われる為、早朝練習は軽めに行う。

男子フォアとダブルはいずれも生振大橋まで行って帰るというUTメニューを1周だけ行い、モーターで伴走。フォアはフィニシュポーズで延々漕ぐ。前日夕練の最後のいい滑りをそのまま低レートでも再現出来るように指示。ブレードの深さ、ボディセットとシートの出のタイミングなど基本的な事を指摘する。ポーズ時のバランスを改めて気にするようにして、幾分改善はされたが、その分フォワードの動きだしのイメージがばらつきつつある。強く押し切ってリリースした後のスムーズなつながりを練習すべし。

ダブルは基本的に新トレの佐々木が見ている。この朝練では途中ロールアップなどのドリルも挟みつつノンフェザーでずっと漕ぎ通していた。前日に比べれば水平にドライブするレンジが明らかに長くなった。松繁はグリップを握らずに指でフックする感覚を掴む事とドライブで力を上下に逃がさず真後ろに掛ける事に注意。整調はキャッチ方向のレンジの取り方を自分なりに常に意識する事。

9:00からマシンローイングの受付開始、9:10開会式。
場所は去年から茨戸で行っている。例年は12月か1月に中島スポーツセンターがお馴染みのパターンだったが、一昨年エルゴをトラックで運ぶ際に豪雪の日に当たって危うく開始時間に間に合わなくなりかけた事と、ガタガタの冬道でエルゴが壊れる可能性もあるという事で、茨戸でやろうという事になった。10月開催になったのは、茨戸でやるといっても、まさか12月~1月の雪に埋もれた極寒の艇庫でやる訳にもいかないだろうという理由である。

商大・北大共同艇庫内の北大側エリアを使っての大会。自分も現役部員並みの記録を出しながら役員としてモニター設置・オペレートまでこなした大熊氏に感服する。加えて普段あまり見る事の無い北大全学、医学部のエルゴを見ることで、展開や漕方もそうだが、コックスのコール、応援の雰囲気なども参考になった。道新RCの皆さんのローイングへの関わり方も、いつ見てもいいなと思う。特別参加した石狩南高校ビーチバレー部のみんな、頑張って商大受験してくれ。

商大は男子上位4名の平均が7分16秒、まだまだ厳しいものがある。6分台の漕手を見なくなって久しい。奮起を期待したい。唯一の女子漕手田畑(2)はオープンの部で優勝。これで今年4冠。自己ベストとなる目標とそれを実現する為のペースを予めしっかり決めておいて、本当にコンマ1秒台まで同じだったのには驚嘆、素晴らしいとしか言い様が無い。

表彰式の様子。奥が田畑。
10.21田畑
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR