FC2ブログ

8/11の練習

2019.08.13.00:27

8月11日(日)

朝は5時集合。コンディションはほぼ無風。1年目がシングルを出すので自分はモーターでコース内に浮かんでいる。フォアは整調と2番を入れ替えてそれなりに漕ぎやすさもスピードも上がったという。ペケレットから最後はコース内で低レートUTトレーニングに励む。シングル組は善積がペケレットでロング、久光がr.24で4㎞×2本。1年目は3人いるが、オールの本数や艇の関係で一度に出せるのは2名。朝は廣中と井上が乗艇。

昼練前に岩澤が差し入れ持って来てくれた。お盆も仕事だという。貴重な日曜なのに感謝申し上げる(いつ読むかなこれ)。そして今年卒業した大塚も来茨。同志社でボート部だったという高校の同級生を連れてダブル乗艇していた。時間があったようなので二人ともモーターに乗ってもらい、大塚にはビデオ撮りまでやってもらった。こちらも感謝申し上げたい。

フォアはコース内でUT。最後はハイレートも少々。乗艇前のエルゴでのレクチャーポイントは、①ドライブ時に脚と腕引きをつなぐ体幹をもっと有効に使おうと言う事、②ボディセットまでスムーズに行って、ゆったりスライドする事で艇速に合わせてエントリーを狙う事。特に新しい事ではないつもりだが、何か変える時というのは一時的に艇速は落ちるものである。そこで面倒だから慣れ親しんだ前からの漕ぎに戻っては意味が無い。昼練の方がバランスも4人で掴みに行く感じもしっかり出てはいたと思う。メニュー中盤でブレードが浮いてきそうになったりシートが速くなったりする感じはあったが、そこは辛抱が必要。

久光は朝練の後一緒に動画を確認。レンジをキープする為のキャッチの狙い方、レートが上がった時のボディワークの連動、フィニッシュの加速感など、昼練でしっかりフォロー出来ていたのは良かったと思う。キャッチからフィニッシュまで長く強く脚主導で漕げるかどうかが重要になってくると思われる。

善積は腕がしんどくなったという。昼練の後に動画を確認。ボディセット、キャッチの取り方、ドライブ前半で前傾を保ったままもっと脚と体重で支える事でミドル~フィニッシュの加速にプラスされる、みたいな話をする。

田畑は久しぶりに乗艇を見るが、キャッチ前にブレードが止まってしまうという。見た目にもそれは分かる。フォワードトップでまだ腕を伸ばす余地があるからハンズアップにならないように思う。フォワード中シートに乗っている体重をキャッチと同時にハンドルとストレッチャーの間にシフトする感覚を身に付けて欲しい。

1年目は廣中、井上、岩谷それぞれ最初にしてはまずまず漕げていたので及第点と言える。昼練で多少風が強くなったのも、ちょうどいいタイミングで自然に鍛えられたと思って感謝すべし。練習後半で疲れから質が落ちる前に切り上げる判断も、やらせる側には必要。初心者に対するレッスンは短時間・高回数が効果的というセオリーを思い出した。それとオーバーラップ後のフィニッシュレンジをもっと意識しよう。みな十分に押し切る前にフェザーターンしてしまっている。ジョイフォア時代に何度もやったドロップダウンモーションの位置は、要するにそこまで引けると言う事。変なクセを付ける前に、次はあと10センチ胸まで引き付ける事をテーマにしよう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR