FC2ブログ

9/25,26の練習

2019.09.28.07:35

9月25日(水)

5時に艇庫到着。風速6m/sの予報だったので乗艇はまず無理かと思っていたら、意外にも静水。1年目以外の上級生が今週末の北海道選手権の為の練習で水上へ。しかし途中からやはり風は強くなってきて、中途半端な形で帰艇する形になってしまった。


9月26日(木)

この日は打って変わって予報通りの静水。空も秋晴れ。この時期特有のきれいな朝焼け。
しかしモータで浮かんでいたら船外機のスクリューをコースロープに絡ませるというミスをやらかした。緩衝レーンだったとは言え脱出するまで近づいてくる艇に何度も回避してもらった。モーターが漕いでいる艇を邪魔してはいけません。北大の岡崎君が機転を利かせてゴムモーターでヘルプに来てくれたおかげで何とか助かった。ご迷惑をおかけした皆さん申し訳ありませんでした。それにしてもブイに絡む程度なら何度かあったしそんなに脱出は難しくないのだが、今回はコースロープまで3周りも巻き込んでしまった。これも新しい船外機のパワーの成せる業か?

1年目は市民レガッタから2週間。同じコース、同じ距離のレースで成長の程を楽しみにしたい。
廣中の500m漕はシートラッシュせずにドライブからレートを出す感じが前より確実に上がっている。ハンドルがクロスしてからフィニッシュの瞬間まで、高さをキープしつつレンジを伸ばす場合は、クラッチからオールが抜ける方向でなく反対にクラッチに向けて押し付ける力を意識する。するとしっかり肘を張れるしバランスも安定してくる。

岩谷も風邪気味とはいえスピードに乗る感じはしっかり見て取れた。焦らないでレンジをしっかり確保しよう。たまにストサイのスクエアターンが不完全で切れ込む事があるので、握り過ぎてないかチェックするべし。

根間と久光のダブルは艇を滑らせる感じがだいぶ出てきた。高めのレートでも落ち着いて奥の水を狙いに行けている。久光はキャッチ前に突っ込まないようハンドルは前に伸ばしつつ足の裏にしっかり体重を集めていつでも後ろにドライブ出来る状態を意識、根間は体幹で艇をしっかり支えられるようリカバリーを常に大きく。ダブルの初レースではあるが、まずはいいところも悪いところも出し切るつもりで攻めていこう。

善積は市民レガッタに続く表彰台を期待したい。課題は水中レンジを長くキープする事、リカバリーを大きくスムーズにしてフォワードの最後にエントリー。小さい変化を重ねる事で大きくタイムを縮めるべし。

豊田は逆にシングル初レース。スタ練は不慣れ感満載。リラックスしてブレードでなく艇を後ろに動かす事に集中。回転に頼らず左右同時にエントリー。コンスタントに移行したらフィニッシュまでしっかり脚を使って高いポジションで一本一本長く漕ぐ事を意識しよう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR