FC2ブログ

練習日誌H24.1.8

2012.01.08.23:25

1月8日(日) 朝 エルゴ

Menu : 技術練習(レッグロー、フィニッシュロー)
短力30秒×3、1分×1(トライアルペース、更にそこから2秒速く)-20分漕×2セット(一度トライアルの目標アウトプットより速い漕ぎをやってから、UTに落とす)
目的 : 低い強度のUTから高強度に上げるのではなく、高強度の漕ぎ(トライアルペース以上)で前回の技術ポイントを確認し、出来るだけ水中強度を保ってUTを漕ぐ。20分漕×2は前回のUTと同じレートで水中の出し方を上げる。
Point : 先月やったポイントのおさらい
・ストレッチャーとハンドルに同じプレッシャーをかける。
・ドライブとフォワードの時間比の改善

荒木(2)  (1)4,843m r.20 2’03”9 (2)4,803m r.21 2’04”9
1セット目と2セット目の差が大きくなかったのが良かった。終始大きく漕げていたが、ハンドルを握って肩が辛くなるのと、サスペンションの緩みが早い点は引き続き改善するべきかと思う。いまはその漕ぎ方に慣れてしまっているので、変えることのメリットを体感することが重要。

中村(2)  (1)4,716m r.20 2’07”2 (2)4,605m r.20 2’10”3
アップからサスペンションの感覚が変わったのが分かった。伝わりが良くなったので、下半身のパワーをもっと強調出来るようにトレーニングすべし。ただ2セット目で背筋がアウトする感じもまた良く分かった。体幹系を重視する必要もあるだろう。

岩澤(2)  (1)4,423m r.20 2’15”7 (2)4,360m r.20 2’17”6
漕ぎ方というよりも体の動きに切れが無かった。キャッチでの反応がアップも含めて終始鈍く、アウトプットに反映されるのに時間がかかっていた。筋力自体は伸びているはずなので、もっと反射的にパワーとして発揮することを念頭においたトレーニングが求められる。

瀬尾(1)  (1)4,435m r.19 2’15”2 (2)4,366m r.21 2’17”4
2セット目の落ち方は持久力の問題と思われる。これは量をこなす以外にない。中盤のペース配分を体で分かってないと最後に慌てて上げることになるので、地道にUTをこなしていこう。シートのコントロールはサーキット種目のジャンプで着地する時の姿勢をイメージする。

上杉(1)  (1)5,096m r.20 1’57”7 (2)5,016m r.21 1’59”6
数値目標はこなしているが、漕ぎそのものには満足しないで欲しい。疲れてくるとシートがいよいよ短くなり、脚主導でなく上体主導になってしまう。キャッチではぶら下がる準備の手前で蹴ってしまうし、フィニッシュも脚の助けを使えない為に加速が鈍い。

平(1)  (1)4,841m r.18 2’03”9 (2)4,729m r.19 2’06”9
シートコントロールなどポイントにこだわる姿勢は非常にいい。平の場端々の動きをどう速くしていくかがカギになる。サスペンション自体は上手なのでキャッチでの反転のタイミングと、丸いフィニッシュ周りを意識して加速を、それぞ改善して欲しい。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR