FC2ブログ

練習日誌H24.3.10・11

2012.03.14.23:46

M4×
5人の中で練習の優先順位や技術に関する認識が揃っていないと思われる。漕ぎ方がバラバラ。バランスを気にして水中を落とさないように、とにかく全力で漕ぐ。一人一人がフルレンジ・フルパワーで漕げていない。バランスが悪いと適当なポジションで漕ぎ始めてしまうので、まずペアワークでここからここまで加速させるというポイントを最初に確認する。
キャッチポジションでフルレンジ(上体かぶさらない、シートが長く使えている)で尚且つ強く速くドライブを始められるか、一枚カバーして尚且つハンドルの高さは適正か。目線は前に、センターラインを動く、アウトハンドは広背筋から小指にかけてストレッチされている。
ドライブは充分にサスペンドする。一枚の深さでブレード前面の水とストレッチャーの間でぶら下がる。ドライブの間尻がずっと浮いている感覚を大事にフィニッシュまでいく。
フィニッシュでも体は捻らずにセンターライン上に。アウトハンドの使い方に注意。インハンドで最後の引き付け、ドロップダウンとフェザー。とにかくフィニッシュで最大の加速。
フィニッシュの加速からハンズアウェイ~リカバリーまでは同じスピードでスムーズにつなげる。シートの出と止まりを合わせる。ハーフスライドまでにキャッチの準備を終わらせる。

知識とイメージをもってもらおう。まずは見ること。分からないならなぜ見ないのか。見てマネする。ビデオが無いのも痛い。はよ何とかしないと。買ってくれた連中に申し訳ない。
まず基本の形を皆で共有する。1つ1つ止めたりスローでなぞったりしてやるしかない。それと去年一度無しペアでやったが、広いスペースが取れる場所でサイドの一人漕ぎ。

荒木はリズムを分かっていると思う。筋はいい。キャッチでブレードが浅いのと、エルゴの時から言っているがサスペンションが甘い。

平はアウトでぶら下がるのが苦手なのかも知れない。あとフィニッシュもアウトが全然働いてない。ハイトが高いのかも。インハンドの引き付けも弱い。筋力なのか左右のバランスなのか。ノーワークでじっくり漕がせる時間をとるべきか。

上杉はサスペンションが出来ていない。スカル期間にはいい感じが出ていたらしいが、キャッチが浅いうえに完全にブレードで水中を掻く動きを見せている。シートもハーフくらいしか使えていない。あのリーチを活かせたらとても楽しみなのだが。

海鉾は一番まともに見えるがいざ両舷になるとダイナミックさが無くなる。リカバリーも小さいしフィニッシュの位置も低いので中途半端な加速で終わる。海鉾にはもっと迫力が欲しい。

W2×
レンジの違いはある程度仕方がないので妥協点を見つけることが大事。初めキャッチから揃えようと思ったが、フィニッシュ周りのローリングもあったらしくフィニッシュで揃える方向に集中すると艇速が出始めた。ドリルはフィニッシュローとノンフェザーが効果的だった。フィニッシュローで脚と体幹を使ってストレッチャーを押しながら腕引きに力を加えること、左右のバランスの取れたブレードワークを確認。ノンフェザーでスクエアな押しとリリースを体感し、尚且つハンズ・ボディ・スライドのスムーズさも確認する。
整調の瀬尾はキャッチの精度を上げる為にブレードの軌道をベルトコンベアのように。スクエアリングでフライアップが目立つが、よく見るとドライブの瞬間グリップを握り直しているかも知れない。ドライブ時は指にハンドルをフックさせる。スクエアリングした時に既にその状態にしておいてそのままエントリーする。ノンフェザーの方がスムーズなエントリーが出来ていたので、恐らくフェザーリングとスクエアリングで悪い癖があるかも知れない。
バウの岩澤はフライアップこそ無いがキャッチでブレードが流れてしまうので、一枚エントリーしてからもっと素早く加圧する。上体の開きが早いところを見るとキャッチで重さがかかっていないのだと思われる。フィニッシュでももう少しハンドル間を広げる方向に肘・腕の稼動域を大きく使える気がする。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR