FC2ブログ

練習日誌H24.4.24

2012.04.24.23:33

4月24日(火)朝 コンディション:静水、やや霧深い

M4+ 
Menu : コース内UT(r.20) ドリル:ワンハンドロー

全体的にブレードが浅い状態で漕ぎ出しているので、ブレードが水中でテコの支点にならない。水中をかき回すのでなく艇と体の動きのシンクロを意識する。

荒木:キャッチで一枚沈める。ハンドルとストレッチャーの間にぶら下がって体重を使ったドライブを心がける。フィニッシュは腕だけでなくストレッチャーを踏ん張って全身で漕ぐイメージで。

海鉾:ブレードをスクエアに戻してから一枚エントリーするまでがやや遅い。フォワード中のブレード運びが水面スレスレなせいでキャッチ前にフライアップしているのかも知れない。エルゴでも強調したがドロップダウン~ハンズアウェイをはっきりやって、シャフトと水面が平行になるくらいの高さで漕いだ方がいいキャッチにつながると思う。レッグドライブは一番強いのにフィニッシュは引き遅れる、“波打つ背中”の謎も早く解明したいところ。

上杉:キャッチでブレードが水面に触れてから一枚入り切る前に漕ぎ始めてしまう為、ドライブの最初にブレードが流れてしまう。フォワードトップでキャッチの強い姿勢を変えずにブレードを落とす。落としてから進行方向に水平に体重をかける。ここでブレード一枚分の重さがかかっていれば上体は開かないで艇の方が動くはず。

平:フィニッシュの引き遅れは水上でも見られるので常に気をつけていく。ドライブ前半のサスペンションはいいと思うのでその勢いのまま脚・上体の力を借りてフィニッシュを加速させる。後ろからもっとドライブの加速をあおってもいいと思う。ただしフォワードは加速しないこと。

W2×
Menu : コース内UT(r.20) ドリル:ノンフェザー

多少のレンジのずれは仕方ないというか今日見た感じでは許容範囲かと思われる。二人で漕ぎ出しと押し切りのポイントを合わせたうえで大きく強く快適に漕げるかどうかにこだわって欲しい。

瀬尾:水中レンジの長さは素晴らしいものがある。その長さで速く漕げればレンジは武器になるし、長く漕げる分だけドライブが遅くなるようでは逆にハンデになってしまう。日曜のエルゴでやった連動感を更に伸ばして欲しい。フィニッシュで引き付けるパワーが弱いのか最後まで押し切らないうちに抜き始めている(途中ノンフェザーを入れてもらったのはその為)。ブレードスクエアの状態で脚・上体・腕の連動で更にもう一押し出来る。あとはエルゴでもやったように一本強く漕いだらその分楽にフォワードする。艇のスピードに合わせて動くことを心がければいい。

岩澤:今日はあまり気にはならなかったが、フィニッシュを懐深く引いてこれるように。オーバーラップが大き過ぎるということは無いとは思うが、ミドルでハンドルがクロスした後ハンドル同士が離れていく部分のレンジを無駄にしてないか確認しよう(ただし無理に引き付け過ぎてかえって加速しづらくなったらそれはそれで無駄)。それとエルゴで指摘したドライブ前半でいかに長くサスペンド出来るかがやはり水上でも課題になると思う。体の動きだけ見ていたらドライブは速いが、キャッチの効きが軽い為にそう見えるのかも知れない。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR