FC2ブログ

昨日もエルゴ

2012.06.22.23:19

北大戦コンパの時に北大の中谷君とか長谷川君に谷津さんたまにエルゴ漕いでますよねと言われた。あやっぱり気付かれてたんだと思った。そりゃ誰もいない商大側でぶんぶん漕いでりゃ分かるに決まってるが。
昨日の会社帰りにまたエルゴ漕ぎに艇庫に行った。北大戦前に60分漕いで以来。今回は適当にアップしてから20分しか時間が無かった。何しようかな、うーん、20分かぁ・・・ということでシンプルに20分漕×1にトライ。確か新人戦の前の日にいきなりやってAve.2’04”だった気がするので、とりあえずそれを超えましょう、ということでスタート。人様にお見せ出来るほどのものではないが、記録は以下の通り。

6.21エルゴ

最初の5分くらいはr.26~27でいいリズムで漕げていたが中盤はr.23前後に落ち着いてしまう。10分過ぎからは漕ぎの維持に集中することで落ちても2’05”くらいで踏ん張る。途中コース内を走る北大エイトが見えたので意味も無く合わせて漕いでやろうとしたら向こうはレートが低かった。恐らくr.20~21くらいだったか。レートを落として水中をキープするのはこの時間帯ではもう辛くなっていたので5本くらいで諦める。今回は腰を立てる感じでリカバリーして代わりにハンドルを低くし、より脚に近い高さでドライブするように気をつけた。辛いところでキープしたかったらこれが一番いいかなという感じ。それと北大の表現するところのキャッチに向けて下半身を圧縮していく感じも効果があった。浦選手が言ったという「上半身は前に行きたがって脚は後ろに蹴りたがってる」感じと似てるかも知れない。その上半身と下半身の拮抗をフォワードトップで感じられるといい感じでO.P.が付いてくる。それと鏡を見ながら漕ぐのと、同じ漕ぎ方を見ないでイメージだけで漕ぐのとでは何故か見ないで漕ぐ方がO.P.が出てたりする。見ながらだと無意識に上手に漕ごうとして何かがスポイルされてしまうのか?技術練習など見ることで明らかに変わる部分もあるが、やっぱり最後は感覚なのだろう。最後の5分で2枚上げするが悲しいかなO.P.が付いてこない。でも出来るだけ余計な動きを排して最短距離の加速を心がける。キャッチで止まったりフィニッシュ引き切れなくなったりは無かった。何とか前の数字は超えられたが、終わった時に必ず思う。もっと攻められたかなと。ま、その辺はダイエット目的でありフィットネス目的であるので多くは望まないこととする。それよりも最後まで漕ぎを乱さないである意味マシンの一部になったような感覚で押し通したのが良かった。
わずか20分程度でもいろんなことが掴める。寸暇を惜しんで練習しよう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR