FC2ブログ

練習日誌H24.8.5

2012.08.05.23:22

8月5日(日)朝 コンディション:良

M4+ 
Menu : UT25㎞(スタ~ペケ×5往復、r.20/22/24/26を2分おきに変動)最後の1往復は北大と並べ
同日 昼 コンディション:ほぼ無風
Menu : スタ~ペケ×3往復の中でハイレート2分ON/2分OFF

昼練から整調と2番をシートチェンジ(S.荒木 3.海鉾 2.上杉 B.平)。写真は昼練より。

フォア8.5②

フォア8.5


荒木のリズムコントロール能力に期待。上杉は真ん中の漕ぎやすいところで有効レンジの大きさを発揮してもらう。最終決定のシートではないので月曜の練習でUTと500mのタイムを前と同じように計測してみて適正を判断する。メニューをこなす事で精一杯になっている感がある。もっと臨機応変にドリルを挟むとか気になる部分をやり直すとかメニューそのものを変更するとか、速くする為の工夫を盛り込む事が必要かと思う。例えば朝練の最初にやった腕漕ぎなんか全く進んでいないしバランスもひどいものだったが、ルーティンのごとく上体付けて先に進んでいた。ああいうのを放っておくとそのスタンバイの質がそのレベルで落ち着いてしまう。同じ反省を繰り返さない緊張感が必要。

W2×
朝 Menu : 1,000m×1(スタート付)-短漕・スタ練でコース数周-1,000m×1
①4’06”79(2’05”79-2’01”00) ②4’14”05(2’08”35-2’05”07)

昼 Menu : 10㎞(スタ~ペケ×2往復)r.26

キャッチにポイントを置き続けている。その前提となるボディセットまでをスムーズに。今までさんざんやってきたフィニッシュ周りからハンズ~リカバリーまでワンモーションのリズムをキープ。前にやった500mや1,000mでも出だしの良し悪しで決まるパターンが多かった。更に今回はスタートを付けるので、スタ力~コンスタント移行でキャッチ前に固さを引きずらないことを指示する。1,000mは最初の500mより後半の500mの方がタイムが良かった。スタートダッシュはまだ洗練させられる。中盤でキャッチの蹴り逃がしがやはり目立つ。キャッチ~ミドル~フィニッシュで力が下がって上がってまた下がるといった感じに力が逃げてしまってピッチングも大きかった。2セット目は水中が落ちてドライブよりもシートの方が速いという辛い展開になった。午後の練習はその中盤を持ちこたえる為の手応えが感じられたのではないか。水中からレートを出し続け、ハードに漕ぎながらも比較的落ち着いて次のドライブにつなげていたように見えた。ハンドルを胸元で止めるリズムにならないこと、それを挽回しようとシートが速くなることの無いように、フィニッシュした後の泡離れ、切れの良さを常に基準にしていこう。

(写真は昼練より)
ダブル8.5

ダブル8.5②

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR