FC2ブログ

練習日誌H24.9.6

2012.09.06.23:11

9月6日(木)朝 コンディション:強めの横風

2年目シングル 平(2)、瀬尾(2)、上杉(2)
Menu : コース内低レート漕 基本的に並べ
Point 
平:水面を擦らずに水の掴みにつなげる
→ノンフェザーを多用していたのは効果的と思われる。擦らないことで余計な力みを減らしてより奥からの掴みにつなげよう。
瀬尾:フィニッシュでの連動と加速
→腕漕ぎとフルレンジの繰り返しで改善は見られてきた。ノンフェザーのオールの運びを取り入れたらフィニッシュ回りの艇の滑り、その後のキャッチにもいい影響が出ると思う。水中の加速の為にはとにかく並べを多用すべき。
上杉:思い切ってキャッチでぶら下がる
→トップで膝を開かずに出力の方向とバランスを安定させること。上体を開いて水中を「漕ごう」とするより体幹を意識してボートを「支えよう」と考えてみる。

1年目男子フォア S.安生 3.関 2.高木 B.鈴木 C.中村 コーチ席に中村(3)
Menu : 低レート漕スタ~ペケ×1周、短力
Point : ローピッチパドルはとにかく出力を高く。その上で何を修正すべきか考えて実行する。気付いた事は皆で声を掛け合う。
全力でも合うようにはなってきている。まだパワーも技術もこれからだが、この調子でやっていけばいいと思う。恐らくハンドルの握り方やセンターで漕ぐフォーム、アウトとインの使い分けなども曖昧になっていると思うのでそれはそれで修正して、より効率よくパワーを伝えられるようにしていけばいいと思う。

1年目女子シングル S.三浦(1) S.森(1) S.蔭佐(1) 荒木と海鉾が陸監視につく。
Point : 自分で艇を左右に揺らしてみる。水中はブレード垂直に。速い方がバランスは取り易いから慣れたら強めに漕ぐ。
まだ慣れてない段階なので、あの横風で普通に練習出来ただけでも良しとしよう。火曜の練習日誌で書いたように自分でバランスと変えてみることと、ハンドルを握り過ぎないことを最初に注意。まだトップでブレードを垂直に返す時に水面から離れて(フライアップ)バランスも崩すしうまくキャッチも出来ないので、出来るだけ水面を擦らないこととハンドルの高低差を変えないことを心がけるといいと思う。

※岩澤(3)は国体ダブルの練習の為、北大の時間に合わせている。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR