FC2ブログ

12/2エルゴ

2012.12.03.23:03

12月2日(日)

Menu : エルゴ60分UT
目的 :有酸素能力の向上、ステディレートでDPSを伸ばす、技術の改善と定着。
ドリル:ポーズロー フィニッシュ止めでドライブの終わりのポイントを確認。
ストレッチャーを押す、体幹を引き締める、真っ直ぐ直線的に引く。肩や手首に余計なテンションをかけない。ハンズ止めで前腕を落としてスムーズなリリースをイメージする。リカバリー止めで重心をストレッチャーに戻す。ハーフスライド止めで次のキャッチの姿勢を作り終える。残り半分のシートスライドで筋群の準備、シートが止まって反転する瞬間にハンドルを上げ切る(上げ始めるでは遅い)。以上のポイントをフィニッシュローで動きをつなげながら確認してみる。意図的にフィニッシュ方向のレンジを伸ばしているが、ハンドルはあくまで真っ直ぐ(チェーンのたわみを無くす)、リリースした後自分の体の裏側にパワーを突き抜けさせるイメージを持ってドロップダウン直前でもっとも加速しているように。

上杉:14,828m(r.18)Ave.2’01”3
フィニッシュ周りでのノンストップ感、その後のシートコントロールが良かった。特に疲れてアウトプットが振れ始める時間帯にレートに逃げず水中勝負で粘ったのは成長を感じさせる。フォワード後半のキャッチの狙い方(これは何故かメニュー後半の方が良かった)に気をつけるのと、後半シートが短くなってサスペンション、要はぶら下がって艇を支える部分が無かった。イベント的にぶら下がりを指示したら大方アウトプットが下がってしまったのを見ると、体重を使わずにキャッチから筋力勝負でいってる方が今は合っているのだろう。長い目で見たらもっと脚を長く使えるようになった方が絶対にいい。つま先加重で脛にくるのも脚レンジの制限要因になってるかも知れない。

海鉾 14,085m(r.19)Ave.2’07”8
キャッチに向かう準備のところをしっかり意識するとドライブへの反転も非常にスムーズになったし力のかかり方も力強くなった。それをキープしつつとにかくもっと後ろ方向へのドライブ拡大を考えて欲しい。フィニッシュでやや手首を使う漕ぎになっていたのと、ハンズアウェイの時に止めようとした上体が止めきれないでバウ方向に揺れる感じがずっと気になっていた。そこは無理に止めずにむしろどんどん振って欲しい。その結果フィニッシュ後の艇の滑りもまだまだ上がると思う。その分前傾は取りづらくなるかも知れないが、大きく取り過ぎてもキャッチで背中が置いていかれる感じになるくらいなら多少浅くなっても準備さえ出来ていればよし。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR