FC2ブログ

5月28日の練習

2013.05.29.07:16

5月28日(火) 朝 コンディション:弱風

M4+ S.上杉(3) 3.高木(2) 2.海鉾(4) B.荒木(4) C.中村(慎)(2)
Menu : 300m、500m漕を時間いっぱい繰り返す
タイムは手元に無いので分からないが、このクルーの漕ぎ方というか型みたいなものは出来上がってきたように思う。日曜の昼に比べればどのセットもいい意味で大差無かった。あの勢いを平日の早朝練習でも維持出来ていることにもタフさを感じた。出艇前にはエルゴでサスペンションのドリルを行っていたが、これは自分もやってもらおうと思っていたものだった。もっとキャッチ前にリラックス出来る。両腕はストレッチさせるように楽に伸ばしてグリップも出来るだけ握らないで上から押さえてるだけにする。ラッシュフォワードになっている訳ではないが、ブレードを落とす=ハンドルを上げるという動きではなく、上げるべきタイミングでスクエアに戻して逆にハンドルを下げている。これではエントリーと蹴りだしのタイミングは合わないので、スクエアになったブレード1枚分落とせるだけの水面からの距離と落とすタイミングが重要。その前提として思い切った加速とワンモーションでのボディセットが不可欠。絶対にトップで余計な動きの入る余地を残さないこと。ストサイは二人とも腕伸ばしを早めにしてハンドルにリードされるようにフォワードする。バウサイは二
人とも浅く入らないようエントリーモーションそのものを大きく。

女子ダブル  S.森(2) B.岩澤(4)
Menu : UT15km
昨夕の高レート短距離漕の反省を踏まえてのUTだったようだが、キャッチからの力と体重の乗りが悪くて自然と水中レンジが短くなってしまった。出艇前にリカバリーで股関節をロックする感じでと説明したが、リカバリーはしているもののキャッチから上体が早く開く(閉じた股関節の角度が開く)。やはりキャッチで重さを感じられてないように思われる。筋力オンリーでミドル~フィニッシュを漕いでいるが、低レートUTなのでその筋力自体あまり強調されてないから尚更進みが悪かった。ポーズローでのリカバリー止めで体幹周りの固定感をまず確認。ノンフェザーの軌道でハンズアウェイからハンドルで大きく円を描くように横に伸びて奥の水を掴む。ドライブ開始で必ずハンドルとストレッチャーに同じ重さを感じる。体幹の固定感がその仲介をするので、要はそこでお腹回りの力を緩めないこと。エントリーの速さはスクエアターンのタイミングと、ブレードの動きだけにとらわれずに脚の素早いドライブ開始反応とセットで考えるべき。

男子シングル 
鈴木(2) フィニッシュで抜ける抜けないは筋力の面もあるし脚の押し切りとリンクさせるタイミングや技術の面もあると思う。とにかく水上でのローイング運動が最良のトレーニングだと思って、全ストローク艇を速く滑らせる。ハイレート漕にも慣れてきたが、新たに浮かんできた課題としては水面を擦る癖の名残りかと思われるがスクエアに戻すのが遅いため、ブレードが入水する前に脚が蹴ってしまっている。ややフォワード自体もトップに向かって加速気味になるから尚更トップでブレードを落とすタイミングがとりにくい。体格のわりには大きく漕ごうとしているのだから、伸び切ったところから力をかけられるようにキャッチ前のシートをもっと等速で慎重に。その上でトップに着く前にスクエアに戻すべき。

安生(2) とにかく思い切りよく加速させて、水面を擦らないで漕げるストロークを一本でも多くしていく。擦っている限りキャッチは上手くならない。冬のエルゴの時もそうだったがフィニッシュまで脚と体幹で支える感じをもっと強調出来る。手首で水中フェザーにしないようストレッチャーを押し切ってスクエアで抜く練習をした方がいいだろう。ハンズアウェイがスムーズに出ないのも水中の加速とスムーズなリリースが出来れば自然と解決出来ると思う。平行して体幹の強化もおろそかにしないように。

女子シングル
瀬尾(3) 並べたりハイレートになったりすると急に水中でブレードがぶれ始めて一枚で漕げなくなる。リギングのせいかも知れないが、もっと広背筋で支える感覚を掴む必要がありそう。水中でオールを引っ張ろうとする感じに見えるし、それが脚力の伝わりを阻害しているようにも見える。サスペンションドリルとかレッグローとかでしっかり力を伝える練習を取り入れていく必要がありそう。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR