FC2ブログ

復活

2013.07.16.23:18

上杉君のおかげで新パソコンからブログが更新出来るようになった。これで問題は無くなった。

またしてもちょっと遡るが、7月の6日(土)・7日(日)でインカレに向けてのセレクションを終了した。
といっても女子は北大戦のダブルそのままで出漕するので男子のフォアだけなのだが。

この3週間男子はシングルと無しペアに分かれていろんな組み合わせで乗艇。そしてこの土日の2日間でフォアとペアを組み、選考対象者を何度も入れ替えて500m、800m漕を繰り返した。それと先月末のエルゴ2,000mトライアルの数値も参考にしながらの選考。ところが水上でそれほど明らかな差が付かなかった。それくらい拮抗していたと言えなくもないが、はっきり言って選ぶ方としては頼もしくも悩ましくもあった。その結果インカレ出漕クルーは以下の通りになった。

・対校舵手付フォア
S.上杉(3) 3.海鉾(4) 2.荒木(4) B.安生(2) C.中村(2)
・対校女子ダブルスカル
S.森(葉)(2) B.岩澤(4)
・男子ダブルスカル
S.高木(2) B.鈴木(2)
・男子シングルスカル
S.平(3)

フォアはロング漕中心。14日(日)の昼は岸漕ぎで指導。女子ダブルは北大戦時の勢いそのままとは言い難いが少しずつ盛り返している。15日(月)の朝はエルゴで確認の後、自分がダブルの整調のシートに乗ってブレードワークの指導。参考になったか分からないが、必要と思ったことはやっていくしかない。茨レガ後の小艇期間はワンストロークでの進みを変える、というテーマでやってきた。並べを多用し、低いレートでも一本で確実に長く滑らせる意識改革をしたつもりだった。その趣旨を一番体現しているのがダブルに回った高木であると言っていい。ハイレートはまだおぼつかないが、キャッチから強く漕ごうとするこだわりが伝わってくる。シングルの平は4月の怪我からやっとの復活。昨年の新人戦練習のレベルにもまだ届いてないが、もともとスピードに対する感覚は人一倍持っていると思う。万全な体調への復調が待たれる。

6日・7日は寸暇を惜しんで一年目とも一緒に漕いだ。上級生の新人トレーナーが退部してしまい、漕手経験のほとんどないトレーナーが残されてしまったこともあって、出来るだけ実技指導は手を貸そうと思っている。なかなか乗艇時間を長く取れないのでどの程度漕力が付いているか疑問ではあるが、みな素直に頑張って漕いでいる。でもおじさんがいきなり乗ってこなせてしまうレベルの練習ならまだまだ甘い。

明日からはインカレに向けて各クルーとのミーティングも行う。暑いといっても北海道はまだまだ快適な方だ。この恵まれた気候を味方にして一気に実力を伸ばして戸田に乗り込みたい。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR