FC2ブログ

北海道選手権と10/1の練習

2013.10.02.07:04

9/29(日)は現役の方にも報告がある通り北海道選手権が行われた。自分は昨年同様安全監視委員としてモーターに乗っていた。2001年の事故があった300m付近と言う事で自ずと身の引き締まる思いがした。朝から次第に風が強まり、平均でも5m/s近い風になり、最後は順位決定戦が中止になった。妥当な判断だったと思う。実は300m付近の通称津軽海峡の中島近くではそれほど危険を感じる風や波の状態ではなかった。しかし同乗者の入れ替えで船台に戻った時にむしろそっちの方が波が高くてちょっと驚いた。いま安全監視は300m地点の水上・陸上、800m地点の水上・陸上と計4ポイントで行っていて、30分おきにその4地点の風速、風向、波の様子などがトランシーバーで大会本部に伝えられる。その情報をもとに競漕委員とは別に独立したRESTと呼ばれる安全監視チームがレースの可否を判断し、最後は大会長が決断を下す。このシステムは当然事故を教訓にして生まれたものだが、今回も充分にその機能を発揮したと言っていいと思う。

レースは出漕数がここまで減ったかと思うほどで、男子ダブルと男子フォアが優勝とは言ってもダブルは2杯レース、フォアは単独だからその時点で優勝。なんとも寂しい。
しかも自分は300m付近で浮かんでいたのでちゃんと見ていないし。ただ小樽の石森さんに北海道で優勝だからまた小樽体育協会の表彰に推薦しておきますよ、と言って頂いた。何でも北海道の大会で優勝、もしくは全国の大会で3位以内に入った団体は表彰されるらしい。頂けるものは有り難く頂こう。

という訳で、仕事をしていたのでレースの写真は無し。
その代わりといっては何ですが、29日朝の札ボ・中川会長のスタ練。
いつも写真を撮って頂いているのでたまにはお返し。
9.29会長①

9.29会長②

22日に撮った茨戸の朝焼け。比較的うまく撮れた。
9.22①

9.22②

9.22③

10/1の練習について。

ダブルはちょっとスタ力が遅い。落ち着かせ過ぎ。もっと回転上げてトップスピードを伸ばさないと恐らく新人戦では厳しい。先週までUT強化だったので、今週から徐々にレースモードに仕上げていくのでそこが楽しみではある。10/1の練習では肝心の高レートの部分を見損なったが、泡開きを強調した中レート2周目は自然と合う感じが出ていたし、フィニッシュ後の伸びも遠目に感じられた。

フォアはゴール~ペケの最初は良かった。最初の3本で勢いに乗った時は本当にスピードが感じられた。最後のペケから帰る時はミドルペアが付いていくのに精一杯になってしまった。練習強度設定の目安としてはその前くらいまでが限界といったところか。大きく水平に、自分の漕ぎと艇の動きをコントロール出来る範囲で練習を組んでいこう。

全道選手権が終わった事で3年目と荒木のシングル組、配車数の関係で週末しか水上練習が出来ない他の1年目は、技術的なこと以上に目標設定が重要。何を目標にどんな時期を過ごすのか明確にしておく。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR