筋肉ほぐし講座

2013.12.19.07:16

16日(月)の夜、仕事を早めに切り上げて中央区民センターに行ってきた。
その前日ボート部の指導に来て頂いた佐藤トレーナーが毎月第3月曜に開催している講習会、その名も「マニアな筋肉ほぐし教室」に初めて参加してみた。
今回のテーマは「頸、肩、肩甲骨をほぐして可動性を高めよう」。レクチャー半分、テニスボールを使ったセルフマッサージの実技講習半分といった感じで約1時間半。肩こりや猫背の解消につながるポイントを実体験してきた。テニスボールを使ったストレッチそのものは初めて聞くものではないが、佐藤さんのメソッドはそこらの本に書いているものと比べても独特なものではある。

参加者の一人にウエイトトレーニングをよくされている方がいらっしゃって(特に競技をされている訳ではないらしいが少なくとも商大ボート部の中にいたら一番筋肉は太いと思われる)、その方の片側だけ施術し、もう一方の側と比べてビフォー・アフターが分かるように進められたが、施術した側が明らかに肩が下がり、可動域が広がり、狙った筋肉(この時は三角筋)がパンプアップするなど、一発で変化が見て取れた。佐藤さん曰く「本講座に参加して頂くと、なぜ、今まで競技練習や筋トレを頑張っても効果を得ることが出来なかったか、理由が明確になります」

自分は事務仕事なので肩こりについては他人事ではない部分もあるので、側頭筋、胸鎖乳突筋、小胸筋へのほぐしテクニックは早速実践してみたい。今更だが一回目から受講していればよかった。今後もシリーズで続いていって応用編では筋トレにも踏み込んでいくらしい。

佐藤さんの見解としては、どんなスポーツや競技にせよ、筋-神経協調性、パワー、筋肥大はすべてバランスよく兼ね備わっているべきで、筋肉がほぐれたり姿勢が良くなったからといって即パフォーマンスアップにつながる訳ではないという。前日の指導の時にも言われたが、例えばウエイトでもまずフォームを確認、スピード向上、筋肥大という流れをワンセットに考えて行うべきだろう。そう考えると言われたセット数にも納得がいく。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR