FC2ブログ

5月3日、4日の練習

2014.05.05.07:32

ゴールデンウイーク初日の3日(土)は9:00新人安全講習会から。研修センターの和室はこの4月に初めてオールを握った高校・大学生ですし詰め状態。特に石狩翔陽高校は一気に20名近く入部したらしい。ホワイトボードを借りて例年通り航行ルール、気象状況、沈をした際の対処法、漁業者との共存等について実例をもとに説明。皆真剣な目つきで聞いているのでこちらも自然と熱が入った。稲垣北大監督の補足で、艇を出してからしまうまですべて自分一人出来ることが基本、との話が印象的だった。安全対策にあれこれ手を施すのは重要だが、それが選手の自立を阻害するものであっては確かに本末転倒である。

その後初めての茨戸練習となる1年目も交えて練習開始。ところが強風の為、男子フォアは途中で水上練習を断念。練習の残りとしてエルゴで10,000mUT。1年目も当然出艇は出来ないので、バック台を使ったスカルの漕ぎ方講座を行った。ハンドルの握り方、オーバーラップの仕方、基本姿勢などについて説明。一人一人説明した後バック台を“漕いで”もらった。商大にある昔ながらのバック台と違って札ローのそれは下に車が付いているのでオールを固定して漕いだらその分動くのである。なのでテコの原理で動かす感覚と脚・体幹主導で強く出力する感覚がとても分かりやすい。写真に撮れば良かった。
午後も風は収まらず、出艇は不可。一年目と上級生皆で3㎞ほど離れた公園へ走って行ってサッカー。さんざんボールを追いかけて帰りは艇庫まで走って帰る。帰りはタイム計測。たっぷり動いた。その後男子漕手とコックスとで簡単なミーティング。北大戦クルーのこと、今後の生活態度や艇庫の使い方の見直しなどについて話す。終わって下に降りたら一年目と新人トレーナーがエルゴで漕ぎ方チェックしていた。皆熱心なのでこっちも熱が入った。

4日(日)朝練は5:00から。やっと風も波も一段落かと思いきや練習中頻繁にコンディションが変わった。要注意。
フォアはUT約18㎞。エルゴでやったサスペンションのドリルを活かすことを考えて水曜から漕げていない分を取り戻してもらう。ボディセット、奥から体重を長く乗せて一気にフィニッシュに持っていく感じは大分変ってきた。昼練でも約15㎞近く漕いで、全力漕の割合を増やすつもりだったが漕手からはあまり進歩が無かったとの感想があった。こういう時の工夫がまだ弱い気がする。
2年目山崎は腰痛の為、様子見でシングル。リギング設定やハンドルの握り方、オーバーラップの処理の仕方などに改善点がある。
1年目は朝も昼も上級生に挟んでもらってジョイフォアのミドルペアを漕ぐ。形だけ合わせるのでなく、ゆっくりでいいから「一枚で真っすぐ水平に」漕ぐと言う基本を徹底することが重要と伝える。一見ブレードワークが合っていてもブレードが流れていたりほとんど腕だけで漕いで辻褄合わせみたいにならないよう、漕いだ分動かしてるという実感につなげたい。

写真は男子フォア。4日昼練より。
5.4②

この日の練習に神田と生出が来てくれたので、モーターに同乗してもらった。ありがとう。
5.4①
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR