FC2ブログ

7/5,6の練習

2014.07.07.07:18

7月5日(朝) 
8:30集合だがこの日はフォアだけ少し早目に来てスタンバイ開始。北大の医学部・歯学部の「七夕レガッタ」に、歯学部がフォアを組めないので代わりに、と出漕依頼を受けていた為である。クルーを組み始めて3回目のスタンバイ。もちろんレースの準備などしてはいないが、現状のレベルを知るうえで格好の機会である。アップを見ている限りではこれでレースになるのかと思うような出来だったが、本番は逆風の中3分31秒で、医学部とのサシの勝負を制した。
以下は表彰式の様子。画面左側の白・青の5人が商大フォア。

七夕レガッタ表彰①

嬉しそうな上杉主将。
七夕レガッタ表彰②

その日の夕練、および6日(日)の朝・昼いずれもUT。アップと技術練習で5㎞漕の後、コース内をr.20で5周し、300m~800m間の500m10本のタイムを計測してみた。全部2分5秒以内に収めようと言ったが、6日朝の練習では次第に良くなって、後半2分2秒とか出始めた。6日昼はr.20で4本、r.24で4本同じ要領で計測。出艇前にエルゴでサスペンションの確認。ドライブ前半でしっかり体重をかける前に早くミドル~フィニッシュに持っていこうと言う意識があるせいか、有効レンジが短くて妙にフィニッシュにインパクトがある漕ぎになっていた。ボディセットを大事に、ブレードインではなく力のかけ始めを合わせることに集中。まだしっくりこなかったようでr.24で2分を切るのがやっとだったらしい。

7.6フォア①

7.6フォア②

女子シングルの瀬尾は日昼の500m漕が出色の艇速だった。2本目のやや順での2分ジャストはレートこそ落ちたものの勢いを感じた。漕ぎをいい意味でコンパクトにすることにここ数日集中しているせいか、リーチの長さを活かしつつキャッチからフィニッシュまで脚のパワーを効率よく伝えられるようになってきた。

男子シングルの荒木はフォアに負けじともりもりUTを漕いでいる。今レンジをいかに大きく取るかに取り組んでいる。上体であおるのでなくしっかり脚から水平にパワーを伝えること、姿勢も含めてキャッチ方向のハンドルの広げ方、懐深いフィニッシュの押し方を模索中。脚から押している実感がある時はワンストロークの進みも伸びているらしい。ビデオなども参考にして楽しみながら試行錯誤して欲しい。

7.6シングル

1年目は小艇移行ということで、トレーナーと一緒にダブルで練習。まだ上体に力みがあったり、水中フェザーになったり、水中をかき回すような漕ぎになったりする。基本の基本を何度も繰り返す必要はあるが、それでも速く漕ごうと言う意識は常に表れているのがいい。自分の漕ぎと見本になる漕ぎをビデオで見比べるなどしてイメージを養うのも重要。

日曜の昼練後、モーターが不調な為、陸に上げてヤマハの人に見て頂いた。以前修理した後があって、そこに亀裂が入っていた。一か月前くらいにあった浸水騒ぎの原因はそこだったようだ。
7.6モーター①

7.6モーター②

使えない訳ではないので、とりあえず応急処置をしてもらって、本格的な修理はシーズンオフに行う事になった。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR