FC2ブログ

12/13・14の練習

2014.12.15.00:59

12月13日(土) 

エルゴの練習を見る。土曜に見られるのは今年最後。

2,3年目漕手はUT60分+体幹トレ、1年目UTは50分。

安生、高木の3年目二人は非常に良かった。フィジカル面は充実してきているように見えた。高木は前回見た時よりレッグドライブでスピードを作れていたと思う。ワンストロークの更なる出力アップに努めるべし。安生は引き続き肘と手首で体重を引っかけるタイミングを早めに。二人だけの課題では無いが、UTメニューでも加速のイメージをもっと厳しく持とう。

阿達は初めて50分を漕ぐと言う事で、アウトプットの波はあったものの途中何度も戻す場面があった。力は付いてきていると思う。キャッチのかかりは前と比べてかなり安定してきた。ミドル~フィニッシュの力強さを一緒に漕ぐ男子部員から吸収すべし。対校レベルの男子漕手と一緒に練習する女子なんてそうはいないはずだから、後々になってそれが活きたと言えるように喰らいついていこう。

大塚は終始大崩れの無い安定したUTメニューとなった。体の固さを気にしていたと思うが、かえって力の伝わりにロスがないし、レンジの大きさも確保出来ている。ドライブの最初に肩が力むなど、全体的にもっと柔らかさが出せるとは思うが、より筋力が付いて漕ぐ量に慣れてくればもっと余裕が出てくると思う。終盤レッグドライブが落ちて上体の振りに頼り過ぎる形になった。持ち味である脚の強さにこだわって、尚且つドライブの後半体重がシートに落ちる前にフィニッシュしてしまうくらいの意識で加速を極めよう。

江口も前に見たUTと比べればだいぶ辛い時間帯を乗り切れる力が付いてきた。腕や脚も少し太くなってきたと思うが、もっとドライブに活かせるよう姿勢に気を付けてみよう。ワークの高さ(エルゴのチェーンの動くライン)の延長上にヴァーティカルローで使う筋肉が来るようにしてみると、前傾を大きく取る今のフォームだとどうしても引く位置が高くなる事に気付くと思う。上体を高くしてハンドルを低く構えるとレンジを削るような感覚になるが、一番強いポジションで漕ぎ始めるメリットを確かめよう。その分シートを前に押し込んで脚主導で漕ぐ方が、フィニッシュの加速にもつながりやすいだろう。

森はどこまでアドバイスしてやっていいのか分からない状態ではあるが、腰の状態云々を関係無くして言うならまずリカバリーをしっかりとる。脚によるドライブとハンドルにパワーを伝える腕、その仲介をする体幹だけ準備が出来ていないから、せっかくロスなく水を掴んだところで脚力と腕力を別々に使っているような漕ぎ方になる。骨盤が後傾したままフォワードすれば緊張が抜けず、それもまた腰の負担になると思われる。メニューももしやるとなればこの日のような細切れパターンで漕ぎ続けるのもやむを得ないだろう。筋力自体はもっと活かせそうな気はするのだが、無理なフォームで漕ぐような無理はするなとしか言いようが無い。

14日(日)はバランスディスクを使ったバランストレーニング。見たのは2回目だが、何となく前より上手くなってきた感はある。その後は珍しく体育館が取れたので、球技にいそしむ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

谷津             (平成5年卒業)

Author:谷津             (平成5年卒業)
週末コーチの練習日誌と日々の雑感です。
気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR